fc2ブログ

浄土真宗本願寺派 福岡組 情報配信所

浄土真宗本願寺派 福岡組(ふくおかそ)の情報配信所へようこそ。

2023/10/09

新mp3法話 第140集 浄満寺 井浦智眼「常に照らし導いてくださる」

mp3法話の第140集をお届けいたします。
MP3形式で3MB程度(3分前後)の大きさです。
タイトルをクリック下さるとダウンロードが始まります。
また、下段「PDF版ダウンロード」をクリックすると、A4版でカード風に印刷してお使いいただけるようなPDFファイルがダウンロードできます。

本記事最後、右下の「続きを読む >>」をクリックいただきますと音声と同じ法話が文字でご覧いただけます。

仏様のおはなし新シリーズ 第140集 「常に照らし導いてくださる」 音声版ダウンロード
第140集「常に照らし導いてくださる」 PDF版
浄満寺 井 浦 智 眼

◎広報部
仏様のおはなし新シリーズ 第140集 「常に照らし導いてくださる」

 先日、あるご門徒さんが「ご住職、ちょっと聞いてください。阿弥陀さまは必ずお救い下さると聞きましたが、私にもはたらいてくださっているのだろうか?と思うんです。だって、見えないし、はたらいてくださっている実感はないんです」とおっしゃるのです。
 私たちは、自分の目に見え、触れ、感じるものは「ある」といい、そうでないものは信じられないし、「ある」ことさえ疑ってしまうことが少なくありません。しかし、現実に人間の目に見えるものより、目に見えないものの方がはるかに多いことは明らかです。たとえ、それがわかっていても、何となく「ほんとかなぁ?存在するのかなぁ?」と疑ってしまうかもしれません。
 とすれば、阿弥陀様が「必ず救いますから、私にまかせてください」と、はたらき続けておられますと聞いても疑いが晴れないのは、当然のことでしょう。
 私たちが「見える、見えない」「ある、ない」「はたらいている、はたらいていない」「救われる、救われない」と考えて答えを出そうとしている限り、疑いや不安は消えないのです。
 親鸞さまは『高僧和讃』に
  「煩悩にまなこさへられて 摂取の光明みざれども
   大悲ものうきことなくて つねにわが身をてらすなり」
と、お示しになり、
 「煩悩があるために、私は自分を中心にしてしかものを考えられない。自分に都合のよいものに欲を起こし、自分に都合の悪いものには憎しみを起こして悩み、心を乱している。煩悩に眼をさえぎられて私は阿弥陀さまを見ることはできないし、救いのひかりに照らされていることもわからないが、阿弥陀さまは、休むことなく常に照らしはたらいてくださっているのだ」と教えてくださいます。
 阿弥陀さまは、自分ではどうにもできない悩み、悲しみをかかえて苦しんでいる私たちに「あなたはわからなくても、私がわかっているのだから大丈夫だよ。必ず導き救いますから、私にまかせてください」と、はたらき続けておられます。阿弥陀さまの救いのひかりに導かれながら南無阿弥陀仏とお念仏申す日々をご一緒させていただきましょう。
浄満寺 井 浦 智 眼

≪ 子ども向け法話 vol.6 善照寺 七里誓路『仏さまの姿』ホーム子ども向け法話 vol.5 光専寺 城顕慈『なにごとも ありがたい』 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

ブログ内検索

ホームページ本拠もご覧下さい

本拠入口

どうぞご覧下さい。

仏様のおはなし

仏様のおはなし
↑クリックすると「仏様のおはなし」がダウンロードできる記事が並びます。

福岡組行事予定

行事予定
↑クリックすると行事に関する記事と予定表ダウンロードの記事が並びます。

本願寺HPへのリンク

西本願寺HP
fukuoka-kyoku_banner

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

浄土真宗本願寺派福岡組QRコード

ケイタイからでもどうぞ!
QR

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター